悪玉菌は美容と健康の大敵!悪玉菌を減らす食事法

腸の中では、悪玉菌と善玉菌、日和見菌がそれぞれバランスを保って存在しています。

その中で腸内環境を乱す一因となるのが、悪玉菌の増加です。悪玉菌が増えると、便秘の症状やお腹のハリなどを感じるようになります。

悪玉菌が増えすぎてしまった場合には、腸内細菌のバランスが崩れて一気に不快な症状が現れてきますので要注意です。

また、悪玉菌は、体に悪影響を与える腸内ガスを発生させることが分かっています。

腸の中に溜まったガスは便のスムーズな通過を阻害しますので、便秘に陥りやすくなるのが厄介な所です。

ガスによってお腹に圧力が加わると、不快感も増大します。
悪玉菌を減らして腸内ガスの発生を減らすようなアプローチを取るのが、便秘を解消するための方法となってきます。

悪玉菌を減らす食生活と食品

腸内環境と非常に関わりが深いのが、日ごろの食生活です。食生活の内容次第で、腸内環境のバランスは変わります。

悪玉菌を増やしてしまう食べ物は、例えば加工食品です。

食物繊維が少なく、カロリーだけを補給するようなジャンクフードは、悪玉菌を増やす食品の1例として挙げられます。

また、大量の肉や脂肪の多い食品も、悪玉菌を増やす可能性があります。
野菜を始めとする食物繊維の摂取量が極端に少ない時に増えてしまうのが悪玉菌です。

腸内環境のバランスを整えておくには、悪玉菌を減らして善玉菌を増やすことが必要です。
このような対策を進める上で欠かせないのが、食物繊維や乳酸菌と言えるでしょう。

食物繊維は、善玉菌を増やして便の排出を促します。
乳酸菌も腸内環境を良くする働きを持ちますので、食物繊維と一緒に摂取すると高い効果が期待出来ます。

水溶性食物繊維の多い野菜・果物、そしてヨーグルトなどを常食することは、腸内環境を良い状態に保つ上で大いに役立つアプローチです。

悪玉菌が減れば消化機能が改善され、肌荒れなども解消する可能性があります。
美容と健康を保つためにも、腸内環境の見直しは大切なのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする