腸内フローラの乱れは、こうして防止し改善しょう

腸内には様々な細菌が生息していて、植物のお花畑のように同じ種類の細菌が一群となっています。
腸内細菌がパッチワーク状に分布していることから、腸内フローラと呼ばれています。

膨大な種類がある腸内細菌ですが、大きく3種類に分けることができます。

腸内細菌の3つの種類

  • 悪玉菌(有害菌)…腸内の物質を腐敗させ有害な物質を放出する(ブドウ球菌など)
  • 善玉菌(有益菌)…悪玉菌の増殖を抑え乳酸や酪酸を放出する(乳酸菌・酪酸菌)
  • 日和見菌…有害でも有益でもない(大腸菌など)

日和見菌は、悪玉菌と善玉菌との勢力バランスで強い方に味方する性質があります。

善玉菌の増殖が弱まり体調が崩れ始めると、悪玉菌として作用することになるため要注意です。

腸内細菌の3種類には、理想的な勢力バランスがあります。
悪玉菌1割、善玉菌2割、日和見菌7割、この比率程度であれば、健康を維持できます。

しかし、比率が乱れて悪玉菌の比率が増えると、悪玉菌が放出する毒素によって下痢や腹痛などの不健康状態になります。

腸内フローラを理想的な環境にするには…

腸内フローラを理想的状態にするには、善玉菌が増殖しやすい状態にする必要があります。

食物繊維が多く含まれる食品、善玉菌の食料になるオリゴ糖、ヨーグルトなどの乳酸菌発酵食品や乳酸菌サプリメントの摂取が推奨されます。

日和見菌の大腸菌は増殖力があり、腸内で大増殖し続けますが、善玉菌は増殖力がやや弱く継続的に補給が必要です。

悪玉菌は、普段は善玉菌によって増殖が抑えられていますが、善玉菌の増殖が弱まるようなことがあると、悪玉菌が急激に増殖して、身体が不健康状態に陥ることになります。

なお、特殊な場合のことですが、病気などで抗生物質を服用すると、腸内の菌が全部死滅してしまう場合があります。

善玉菌が全くない中で、悪玉菌と日和見菌だけが先に増殖し始める状態になるため、腸内フローラは好ましくない状態になります。

このような場合は特に、乳酸菌など善玉菌の補給が必要になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする