腸内環境を活性化!乳酸菌を増やせる食べ物ってどんなもの?

便秘を改善する方法のひとつは、「腸内の細菌を増やす」ことです。

腸内細菌を増やすと腸内環境を整えることができ、悪玉菌と呼ばれる腸内環境を悪化させる細菌を減らす効果があります。

そうすると便通を改善できる健康面での効果が期待できるほかにも、肌がキレイになるなどの美容面の効果も期待できるのです。

腸内細菌の中でも特に増やしておきたい善玉菌は、乳酸菌や食物繊維をエサとして増えていくので、乳酸菌を増やしてくれる食べ物を摂取するのがおすすめです。

乳酸菌を増やしてくれる食べ物

乳酸菌そのものを摂取するのであれば、ヨーグルトや乳酸飲料、キムチやぬか漬けなどの発酵食品が代表的。ほかにも味噌や納豆、牛乳などもおすすめされています。

いずれも手軽に摂取できますし、子供から高齢者まで幅広い年齢で食べやすい食品が揃っているので、好みや年齢に合わせて選べます。

では、乳酸菌を増やしてくれる食べ物はどんなものでしょうか?
代表的な食品は、オリゴ糖・食物繊維・グルコン酸などが挙げられます。

これらは乳酸菌だけではなく善玉菌全体を増やしてくれる栄養素として重宝されているので、腸内環境を整えたい人には摂取が勧められているものです。

オリゴ糖は野菜や果物、豆類に含まれていて、代表的なのはバナナ、アスパラ、たまねぎ、ゴボウ、大豆があります。

また、ハチミツにはオリゴ糖が豊富に含まれているほかにグルコン酸も含まれているので、両方の栄養素を同時に摂取できる万能の食品として注目されています。

食物繊維には、水に溶けやすい水溶性食物繊維と水に溶けにくい不溶性食物繊維の2種類があるのですが、善玉菌を増やしたいなら水溶性食物繊維がおすすめです。

食品としてはゴボウやキウイなどがあります。
中でもゴボウはオリゴ糖も豊富に含んでいるので、乳酸菌を増やしたい人にはおすすめの食品のひとつです。

このように乳酸菌を増やす食品はいずれも手軽に摂取できるものばかりなので、意識して取り入れながら、腸内環境を改善すると便通も改善されていきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする