乳酸菌とビフィズス菌、その違いと特徴に迫る!

乳酸菌・ビフィズス菌ともに人間が活動していく上で、重要な位置を占める細菌類です。

私たち人間の腸内に棲んで腸内環境を整える役割を果たし、引いては疾患の予防や代謝の向上に欠かせません。

さて、腸内環境を整え蠕動運動を促す乳酸菌・ビフィズス菌を「善玉菌」と呼びますが、このふたつはそれぞれ違う特徴を持っています。

乳酸菌とビフィズス菌の違い

まず圧倒的に違うのは腸内に存在する数です。ビフィズス菌は腸内に約1~10兆もの数が生息し、乳酸菌は約100~1000億とされています。

形状はビフィズス菌は棒状・棍棒のような形をしていますが、乳酸菌は球体のものが繋がった形状になっています。

生息する場所は、ビフィズス菌はヒトや動物たちの腸内に存在しています。
一方乳酸菌は、ヒトや動物の腸内の他に、牛乳・乳製品・漬け物など一部の発酵食品にも生息しています。

乳酸菌とビフィズス菌の働きについて

乳酸菌とビフィズス菌は同じ善玉菌であり腸内環境を整えるという役割を持つものの、生み出すものが少し異なります。

ビフィズス菌は乳酸や酢酸を作り出し、乳酸菌は食物で得られた糖を分解して乳酸を作り出します。

腸内の役割をもっと細かく見ていくと、ビフィズス菌は善玉菌として働く菌類であり、乳酸菌はビフィズス菌のエサとなり、サポートをする役割を持っている菌です。

腸内環境を整えることで善玉菌の数が増え、腸内環境を乱す「悪玉菌」の増殖を抑えることができるわけです。

すなわち、腸内環境の健康状態は、善玉菌と悪玉菌の多数決の対決で決定します。

そう考えるとビフィズス菌を主に摂取すれば良いのではと思いがちですが、実は酸素に触れると死んでしまうという脆い一面を持っています。

しかし乳酸菌は酸素に触れても生きていたり、胃を通過する時の胃酸の耐性もあったりと頑丈です。
さらに、味噌を温めて一部の死んでしまった乳酸菌も「死菌」として腸内に到達した場合もきちんとビフィズス菌のエサになります。

両方を積極的に摂取して、腸内環境を整えて健康的な身体を毎日維持するよう心がけましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする