善玉菌や悪玉菌ってどんなもの?バランスが大事です!

人間の腸内には、3万種類の細菌が100兆~1000兆個くらい住んでいると考えられており、その重さは1.5~2kgほどにもなります。

その中にはビフィズス菌に代表されると善玉菌と、大腸菌やウェルシュ菌に代表される悪玉菌が含まれ、これ以外の菌を日和見菌と呼んでいます。

日和見菌は全体の7割を占め、未だ解明が進んでいない部分も少なくありません。

善玉菌は消化吸収を助けたり免疫機能を高めたりといった健康に役立つ働きをします。

一方、悪玉菌は下痢や便秘を引き起こし悪臭ガスを発生させますが、タンパク質の分解に貢献し、外部から入ってきた有害なウィルスや細菌を攻撃する働きも持っています。

つまり悪玉菌が全く無い方が良いと言うわけはなく、善玉菌とのバランスが重要なのです。

善玉菌と悪玉菌のバランスは2対1が理想的とされています。
良いバランスを維持するためには悪玉菌が増えるのを抑えるように心がけることが大切です。

乳酸菌を増やして腸内環境を整えると良いことが多い!

近年腸内環境は、脳の働きと密接な繋がりがある事が分かってきました。
これを腸脳相関と呼んでいます。

腸は第2の脳とも呼ばれ、緊張やストレスの高まりでお腹が緩くなるのは、経験的に広く知られています。

また、安静時に足がムズムズする「むずむず脚症候群」は、脳内のドーバミン異常が関係している事が分かっていますが、近年、腸内の乳酸菌を増やすことによって症状が改善されたという研究が発表されています。

その他、ヘルペス予防にも乳酸菌が効果的である事が指摘されており、研究が進んでいます。

腸内環境が脳に深く関わっていることから、便秘や下痢といった直接的な腸の健康だけではなく、全身の健康にも関与している可能性は高く様々な研究が進められています。

腸内環境は個人差が非常に大きい事が知られており、同じ乳酸菌を摂取しても効果の出方は様々で、自分にあった乳酸菌を見つけるのがポイントになります。

腸内の善玉菌を増やすには、善玉菌のエサとなるプレバイオティクスを多く含む食品を摂るのが有効で、食物繊維やオリゴ糖はその代表です。

善玉菌そのものであるビフィズス菌などはプロバイオティクスと呼ばれており、ビフィズス菌を含む食べ物を摂取することも効果的です。

ただしビフィズス菌を摂ったからと言ってそれがお腹の中で繁殖することはなく、毎日続けることが重要になってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする